生命保険加入前にライフプランを

生命保険を検討する場合には、まずライフプランを立てる必要があります

生命保険を検討する場合には、まずライフプランを立てる必要があります。なぜならば、生命保険は家族構成や資産状況などによって加入するべきものが大きく異なってくるからです。例えば、ずっと独身でいるつもりであれば、死亡保険は必要ありません。死亡保険金を必要とする人がいないからです。死亡保険よりも医療保険を充実させておくべきです。一方、家族がいる場合には、養育費がかかる間は、死亡保険もある程度検討しておかなければいけません。

子供をどれだけ欲しいかということでも生命保険の加入の仕方は変わってきます。子供が多ければ多いほど養育費や生活費がかかるからです。但し、生命保険に入ることばかり考える必要もありません。貯蓄が十分であれば、生命保険に加入しなくても良いでしょう。極端なことを言えば、1億円の貯蓄があれば、保障機能としての生命保険は必要ありません。何かあった場合には、貯蓄を取り崩せば生活費などのカバーをすることができるからです。

ライフプランニングでは、自分の将来を考えながら貯蓄計画も立てていきます。これにより、自分に必要な生命保険がわかってくるのです。しかし、ライフプランニングをして生命保険に加入したからそれで安心、というわけではありません。定期的な見直しが必要となってきます。ライフプラン通りに進捗しているのかどうかを確認し、ライフプランと異なってきているようであれば、修正を加え、再度、生命保険がライフプランに合っているか検証しましょう。

学資共済や医療共済、定期共済にガン共済。いろいろな種類の共済商品があります。すべて保障内容が違うしそれは当然です。共済はしっかりと考えることとが大切なことになります。様々な共済の使用品は比較すると差が分かります。-
様々な生命保険はどのような人と相談しようと考えていますか。保険相談をしようと決めたならどんな立場でアドバイスをしてくれる人なのかは重要なことです。保険を考えるにあたってはきちんと手続きを踏むことがいいのです。ほけんの窓口ではたくさんの保険会社の商品を使って保険の見直しをしてもらえます。繁華街でも目立つようになった保険ショップです。-
じぶんが選択した保険の評判はどう伝わっているでしょう。保険契約を考えるにあたってどんな知り合いに相談しますか。生命保険で納得するには何の目的の生命保険かをよく認識することです。かんぽ保険の評判を考えますか。難しい問題なのです。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/