生命保険の役割は

生命保険に加入する目的は大きく分けて3パターンあります

生命保険に加入する目的は大きく分けて3パターンあります。1つは本来的な役割である保障機能です。残された家族の生活費を補填するための死亡保障や、自分が怪我や病気で入院した場合に医療費を補填するための医療保障がこれに当たります。多くの人は、この保障を目的として生命保険に加入しています。2つ目の役割は貯蓄です。老後資金の補填をするために、保険を使って積み立てるというものです。これは銀行の定期積金に似ています。

銀行の定期積金と異なる点は、積立期間が非常に長いということです。貯蓄型の保険の場合、老後を意識しているものが多いため、保険金支払い時期が60歳以上というものが多いです。中には、10年満期で解約できるような生命保険もあります。期間が長い貯蓄性保険は市場金利が高い時には非常に有利に働きますが、逆に市場金利が低い時は、契約者にとって不利になります。3つ目の役割は相続税対策です。生命保険を使うことで、非課税枠を利用することができます。

1人当たり500万円まで非課税扱いとなります。しかし、注意をしなければならないことが、今、検討されている相続税法の改正です。今までは相続人であれば非課税枠を利用することができましたが、改正案では適用対象が、同居している相続人等、限られてきています。この改正が行われた場合、相続における生命保険の優位性が崩れる可能性があります。今後、相続税を意識して生命保険に加入する場合には一定の注意が必要となってきます。

財産分けをうまくさせる問題はきちんと手続きをきちんととることが考えるのが大切なのでしょう。遺言書について考えましょう。遺言で解決できるのかは相続分の問題を安易に考えないことです。経営者が悩むのは相続です。遺産相続についての問題は将来の相続時において必ず生じる問題です。遺産分割することについて考え続けていれば意外に何事もなく解決したりします。-
保険ショップでは生命保険を考え続けていれば案外うまくいきます。後悔しないように解決するためにはどう考えますか。一体どんな人と相談をすることになるのでしょうか。最近はショッピングセンターなどで保険見直し本舗がかなりふえました。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーも最近は増えてきています。-
保険商品のうまいせんたくができるか、生命保険について簡単なことではないと思うことです。保険相談や掛け直すことは誰にとっても必ず問題になるのです。迷いが残らないように済ますことについて検討してあらかじめ考えておけば何とかなるものかもしれません。みつばち保険ファームやほけんの窓口などの保険ショップの保険無料相談を使い、専門家の意見を聞くことが大切なことになります。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/