生命保険で得した事、損した事

昔の職場で、職場そのものをお得意様にしていた生保レディのすすめで

昔の職場で、職場そのものをお得意様にしていた生保レディのすすめで生命保険に加入したのが私の山あり谷ありエピソードの始まりとなります。当時は良い会社で働いていたので1万前後の出費はそれほど痛くもなく、過去に自動車保険に入る前に事故を起こして苦い思いを味わっていた事もあり、何が起こるかわからないという言葉を身にしみて感じていた私は保険に入っているという安心感を得ている以外はつつがなく毎日を過ごしていました。その間、転職などをして収入が減ったため給料に対する生命保険の割合は多くなりはしましたが、面白いもので物欲も減り精神的負担はあまり変わる事も無かったのです。

しかし、そんな中唐突にお金が舞い込む事になります。事故や病気で保険金を得たというわけではありません。加入していた生命保険会社が相互会社から株式会社になる事で、契約者に配当金が渡るというのです。株の事はよくわからないのですが、額がお給料一ヶ月分程だったという事もあり、実際に銀行に振り込まれた事を通帳で確認した瞬間から、抑えられていた私の物欲は爆発しました。いつかは欲しいと思っていたゲーム機を買い、いつもは経済的関係で欲しい物が複数ある場合は一つに絞っていたのも、全部買ってしまおうという具合になったのです。

臨時収入を使い切った後、多少苦労しましたが再び物欲を抑えるようになった私に今度はとんだ厄が舞い込みます。年齢が上がった為に契約内容を変更しないと保険料も上がるという事で新顔の生保レディを通じて変更手続きをした所、保険料が二重取りされていたのです。よく調べると2つの生命保険に加入している状態になっていて、送られてくる郵送物には滞納をいち早く止める事を催促する書類が入っているのです。濡れ衣を着せられたような対処に全ての契約の解除も考えましたが、徳を積めばいい事があると信じて、今もその生命保険は一つだけ契約を続けています。

生命保険等の保険をどんな人に相談しますか。その相談結果がライフプランを見つめたものかどうかでどんな保険のプランになるかが決まります。簡単なことではないと思うことです。思い込みで考えないようにして保険の検討を見てみましょう。保険の悩みが残らないように済ますことについてあらかじめ考えておけば何とかなるものかもしれません。生命保険の比較はネットを見てみることもいいでしょう。
生命保険について
hoken-erabi.net/

相続手続きを終わらせるについてきっちり覚悟して臨むことです。このような問題について事前に考えていれば心配するほどではありません。相続に関する事柄は昔から困る問題です。うまく解決させるためには相続対策つまり遺産相続の問題はこのような問題について考え方に立って重要な注意点です。
相続コンサルについて
http://www.bird-net.co.jp/rp/SR961301.html

保険を決定するのは保険比較からです。甘く考えずに生命保険の比較を見てみましょう。ゆっくり考え比較して保険を考えましょう。大切なのはここです。それが保険の見直しで大切です。過去の病歴等によりだから保険比較なのです。確りと検討しよく考えることが大切なポイントです。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/